HYPER NUT

新しいレールを備えた革新的なシェイプ
新たなトレンドが古い概念を吹き飛ばす

 

Hyper Nut は大きなボードの安定性と、短いボードのパフォーマンス性の両方を提供します。全く新しいボードが、平凡なコンディションの波でも最高の興奮を与えてくれます。新たな短いアウトライン、薄いレール、そしてアップデートされたテールシェイプがパフォーマンスを一変させます。

Available Technologies
BLUE CARBON
LIGHTEST
STARLITE
DURABLE

Key features

より広く、より短いノーズエリア

– ノーズワイドをプラスすることで、ボードは短くできる

ストレートなアウトライン

– より長くレールを使えることで、スピードを得ることができる

– 全体のレールの長さから安定性とスピードを獲得する

– ピボットな動きを得意とし、波の小さなセクションにもアプローチ可能

インバーテッドナッツレール

素晴らしい加速とピボットなターン性能を提供。

フラットスタンディングエリア

安定性を向上させ、レイルトゥレイルを簡単に。

フラットロッカー

スピードを生み、波を捉えやすくなり、安定性を生む。

薄くなったレール

– より少ない荷重でレールを波に食い込ませることが可能に

– ボード全体の中央からテールにかけてより薄くなり、さらにターンの反応性を向上させた

チャンネルボトム

– フィンの前方にフラットなエリアを作り出し、さらなる加速を生む

– 深いスワローテールがターン時により波に食いつく

フィンセットアップ

– 小さくなった新しい 3.7″のリアサイドフィンがテールスライドを容易にし、少ない蹴り込みで急激なターンが可能に

– クワッドフィンのセットアップは4つのサイドフィンを使用し、センターフィンからの抵抗がないため、高い加速性能と瞬時のダウン・ザ・ラインを実現する 

– クワッドはターンでルースしやすく、テールを抜いたアプローチが容易に

2 CONSTRUCTIONS TO

CHOOSE FROM

BLUE CARBON テクノロジー

– 最軽量、最高のレスポンス、最強の構成

– 高密度エンドグレインバルサは信じられないほどの耐衝撃性と疲労強度でボトム面を保護

– ヨーロッパから供給される天然の一方向性の亜麻を用いてレールを包み込むことでボードを強化し、破損を防ぐ

– スタンディングエリア、ノーズ、テールに補強を施すことで、耐衝撃性を向上

STARLITE テクノロジー

– スクラッチ防止パラボリックカーボンインネグラレール

– 異なるグラスファイバー密度の組み合わせでボード全体を包み、強度と耐久性を強化

– 耐衝撃性と剛性をさらに高めるために、オーストラリア産パイン材をスタンディングエリアに配置

AVAILABLE SIZES

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-12-0x34

9’6” x 31.5″

HYPER NUT

Length: 9’6” / 290 cm.

Width: 31.5” / 80 cm.

Hyper Nut の中で最も大きなボードであり、最も長いグライドを得られ、最も簡単に波を捉えられるようデザインされました。重量級のライダーや安定したボードを手に入れたい人に適しています。ターン時にノーズが引っかからないように細めのノーズアウトラインとなっています。


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-12-0x30

9’0” x 31.5” 

HYPER NUT

Length: 9’0” / 274 cm.

Width: 31.5” / 80 cm.

重量級ライダーのためにデザインされ、その長さからスピードを得て、広い幅から安定性を得ることができます。新しいフィンのセットアップは別のボードのように感じさせ、興奮することを保証します。


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-11-2x32-2

8’4” x 31.5”

HYPER NUT

Length: 8’4” / 254 cm.

Width: 31.5” / 80 cm.

前期モデルの 8’6″よりも 2″短くなりました。中央からテールにかけて薄く仕上げたレール、そして短くなったアウトラインによってより簡単に過激なアプローチを実現させます。より大きな波に対しては 5.5″のフロントフィンが食いつきホールドし、小さい波に対しては 3.7″のリアフィンがルースな乗り心地を提供します。


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-12-0x34

7’10” x 31.5″

HYPER NUT

Length: 7’10” / 239 cm.

Width: 31.5” / 80 cm.

この 7’10″は従来の 8’0″に代わるもので、より薄くなったレールによってワイドなテールエリアの浮力を簡単に沈めることができるようになり、はるかに短いボードのようにマニューバーを描けます。わずかに広いノーズエリアをもつ新たなアウトラインは、2″短くなったにも関わらず安定性を向上させました。


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-12-0x30

7’6” x 30″

HYPER NUT

Length: 7’6” / 229 cm.

Width: 30” / 76 cm.

より多彩なターンを可能にし、ドロップの際のコントロール性の向上、そして素早いトップでの方向転換。波が小さいときにはフロントフィンのみのツインフィンセットアップなら、スライド系のターンを楽しむこともできます。


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-11-2x32-2

7’2” x 30”

HyPER NUT

Length: 7’2” / 218 cm.

Width: 30” / 76 cm.

“私はこの 7’2″ と 7’0″の進歩に感銘を受けました。とても生き生きとして、ラインを正確にホールドし、瞬時にコントロールが可能です。クラシックなライディングスタイルを損なわないスケート感もあります。全体的なボードの出来栄えにも興奮しています。3.7″のフィンが付いていることも素晴らしいですね。”-Franz Orsi.


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-12-0x34

7’0” x 28”

HyPER NUT

Length: 7’0” / 213 cm.

Width: 28” / 71 cm.

“これは大きなショートボードですね。7’0″は小波からオーバーヘッドサイズまで素晴らしく感じました。大きくアップデートされたレールは、すぐに違いを感じるはずです。私もソリッドなオーバーヘッドのコンディションで、素晴らしいコントロール性能を体験しました。すばやく波を掴むことができ、ターンへの移行も速く、小さめのフィンで遊ぶのも面白いですよ。”-Ollie O’Reilly.


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

2019-starboard-GO-stand-up-paddleboard-2D-12-0x30

6’10” x 26.5”

HyPER NUT

Length: 6’10” / 208 cm.

Width: 26.5” / 67 cm.

より過激なライディングを求める軽量なライダーのための反応性の最も高いシェイプです。


Available technologies:

  • Blue Carbon
  • Starlite

 

PERFORMANCE

SPECIFICATIONS

Model9'6'' x 31.5'' HYPER NUT9'0'' x 31.5'' HYPER NUT8'4'' x 31.5'' HYPER NUT7'10'' x 31.5'' HYPER NUT7'6'' x 30'' HYPER NUT BLUE CARBON7'2'' x 30'' HYPER NUT7'0'' x 28'' HYPER NUT6'10'' x 26.5'' HYPER NUT
Length (imperial)9'6''9'0''8'4''7'10''7'6''7'2''7'0''6'10''
Length (cm)289.6 cm274.3 cm254 cm238.8 cm228.6 cm218.4 cm213.4 cm208.3 cm
Width (imperial)31.5''31.5''31.5''31.5''30''30''28''26.5''
Width (cm)80 cm80 cm80 cm80 cm76.2 cm76.2 cm71.1 cm67.3 cm
Thickness (imperial)3.8''3.9''4.0''4.0''3.9''3.9''4.0''3.8''
Thickness (cm)9.7 cm9.9 cm10.2 cm10.2 cm9.9 cm9.9 cm10.2 cm9.7 cm
Tail Width (Imperial)21.3''21.3''21.4''21.5''21.0''20.9''20.4''18.9''
Tail Width (cm)54.1 cm54.1 cm54.4 cm54.6 cm53.3 cm53.1 cm51.8 cm48 cm
Volume147 L145 L140 L130 L115 L109 L109 L91 L
Rider Weight75-130 kg65-125 kg65-110 kg60-100 kg60-95 kg50-90 kg50-85 kg40-75 kg
Fin Set UpQuadQuadQuadQuadQuadQuadQuadQuad
Fins5.5'' / 3.7''5.5'' / 3.7''5.5'' / 3.7''4.7'' / 3.7''4.7'' / 3.7''4.7'' / 3.7''4.7'' / 3.7''4.7'' / 3.7''
Weight Blue Carbon8.4 kg (Est)8.4 kg (Est)7.8 kg (Est)7.0 kg (Est)6.82 kg (Est)6.4 kg (Est)6.3 kg (Est)5.2 kg (Est)
Weight Starlite9.0 kg (Est)9.9 kg (Est)8.3 kg (Est)8.3 kg (Est)7.58 kg (Est)7.0 kg (Est)7.0 kg (Est)-
Bottom ShapeMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tailMono-concave feeding through to channel tail

BOARD REVIEWS

RIDER COMMENTS

“Hyper Nut ならどんなコンディションでもまるでスケートパークのよう!小さな波もオープンキャンバスとなって、トロい波も楽しい!でもサイズのあるコンディションで使えないという意味でもないの!どんなコンディションでもこのボードは楽しくしちゃうのよ!” 

Fiona Wylde

RIDER COMMENTS

“波が少しトロかったりスローだったりするとき、Hyper Nutの出番ね。Hyper Nutは素晴らしいスピードと驚くべきマニューバー性能を提供するわよ。イライラするサーフィンをする代わりに、ほとんどのコンディションで最高に楽しいサーフィンになるわ。私のお気に入りのクイーバーよ。”

Shakira Westdorp

RIDER COMMENTS

“Hyper Nutは小さく力のない波だけでなく、ミッドレンジのパンチのある波でも機能するという点で本当に特別なボードですね。Zane Schweitzer が Teahupooのバレルを Hyper Nutでメイクしたのを見たことさえあります!ボードのアウトラインは他に類を見ない安定性を提供し、チャンネルボトムと Nutのアウトラインが半端じゃないターンの素早さとエキサイティングなルースさを生み出しています。” 

Sean Ponyter 

RIDER COMMENTS

“2019年の Hyper Nutは、いくつかの改良点により幅広い魅力を獲得しています。新しい 7’10は波に乗ると短く感じますが、旧モデルの 8’0″と同等の浮力と安定性を持っています。私が発見したのは、新しいアウトラインと薄くなったレールによって、体重の軽いライダーに対してもレールとテールのコントロールが容易になったということです。Hyper Nutは素晴らしいスピードを生み出し、トップターンでボードを強くプッシュするなら、小さくなったリアフィンによってスライドさせることも可能です。”

Marco Gribi